ロゴ
HOME>info>マーケティングオートメーションなどの利用で会社を大きくする

マーケティングオートメーションなどの利用で会社を大きくする

婦人

今注目のものを導入する

注目のサービスは探せばたくさん見つかる物です。例えば、wechat pay。wechat payとは、中国で幅広く普及している電子マネーサービスで、利用者は3億人を超えるサービスです。これを導入すると、中国人が便利に買い物を出来るようになるので、中国人観光客のよく来る地域の店舗では、wechat payを取り入れていることは大きな強みになります。wechat payが使えれば、中国人観光客は日本に持ってきた金額を気にせずに思う存分買い物ができます。観光客の財布の紐を緩めるという点で、wechat payは有益です。また、他のものでいうと、マーケティングオートメーションも知っておきましょう。一体どんなもので、どんなメリットをもたらすのかそこを知れば良い経営へと繋がるかもしれません。

マーケティングオートメーションを使って得られるメリット

スマホ

使う人手を削減できる

マーケティングは、多くの情報を管理し整理して、戦略を考えるという段階を踏みますが、この時莫大な量の情報を扱わなければならないので、人間がやるなら人手がたくさん要ります。しかしマーケティングオートメーションを行えば、情報整理に必要だった人手が空き、効率化できます。

情報収集も自動でしてくれる

マーケティングオートメーションの強みは、マーケティングに必要な情報を自動で集め、更に自動で分析してくれるという優秀な機能です。例えばウェブサイトの訪問者や訪問時間のデータを集め、そこから契約に進みそうな見込み客を導き出す、リードスコアリングを行ってくれます。

営業相手を作りやすくなる

商談や契約をしてくれるかもしれない相手のことを見込み客、商談や契約をしてくれる相手を営業相手と呼びますが、相手を見込み客から営業相手にするにはマーケティングオートメーションの助力が有力です。見込み客のデータを管理し、最適なコンタクトを取れば、相手が自分と営業してくれる可能性は高まります。

広告募集中